資格☆教養サーチ > 資格取得・技能 > 宅地建物取引主任者(宅建)

宅地建物取引主任者(宅建)

宅地建物取引主任者(通称:宅建)は、宅地建物取引業者(不動産会社等)が宅地・建物の売買等を行う際、契約の相手方に対して、重要事項の説明等を行う国家資格者です。宅地建物取引業者は、その事務所の従業者の5人に1人以上の割合で、成年者である専任の宅地建物取引主任者を置かなければならず、まさに「不動産取引の専門家」です。

宅地建物取引主任者の特徴とメリット
  • 20万人以上が受験(2008年)するという、超人気の資格です。
  • 年齢、学歴等の制限はなく、誰でも受験できます。
  • 不動産関連企業への就職に有利です。
  • 法律系資格へのステップアップにもなります。
試験実施団体
財団法人不動産適正取引推進機構 
受験資格
年齢、性別、学歴等の制限はなく、だれでも受験できます。
申込み方法・日程(2009年度)
  • 郵送 : 7月1日(水)~7月31日(金)/当日消印有効
  • インターネット : 7月1日(水)9:30~7月15日(水)21:59
試験日
毎年10月の第3日曜日。
2009年度は、10月18日(日) 午後1時から午後3時まで
合格発表日
2009年12月2日(水)
試験地・試験会場
各都道府県の試験会場
試験内容・方式
土地・建物に関する法令、宅地建物取引業法等について4肢択一のマークシート方式
合格基準
全50問中35問(点)程度
合格率(2008年度)
全国平均 16.2%

資格取得・技能をサーチ

高齢化が進み、これからの時代にますます必要とされる「医療系・福祉系」をはじめ、不況の中でも就職・転職に有利で、独立にも強い「法律系・事務系」ほか、仕事にとても役立つ資格や技能を紹介しています。

ページ一覧


カテゴリーからサーチ
更新履歴
はじめてのヨガ&ピラティス
(2010年2月14日)
生活心理学
(2010年2月 2日)
手話入門講座
(2010年1月29日)
点字・点訳入門
(2010年1月28日)
定年予備校
(2010年1月27日)