資格☆教養サーチ > 資格取得・技能 > 中小企業診断士

中小企業診断士

「中小企業診断士」は、中小企業の経営に関し、さまざまな角度から診断・助言を行う専門家で、中小企業の経営戦略策定や、その実行のためのアドバイスを行う経営コンサルタントです。また、クライアントと行政庁、クライアントと金融機関などとのパイプ役を務めることもあり、その活躍の場はますます広がっています。

中小企業診断士の特徴とメリット
  • 経営コンサルティングの専門家としては唯一の国家資格!
  • 中小企業経営のイロハを学ぶことができます。
  • 独立開業はもちろん、資格取得で得た知識は企業内でも活かせます。
  • 自己啓発やスキルアップの一環として資格取得する受験者も!
  • 一次試験は「科目合格制」を採用!長期計画での受験も可能です。
試験実施団体
社団法人中小企業診断協会
受験資格
受験資格に制限なし。誰でも受験可能
申込み方法・日程(2009年度)
  • 一次試験:5月11日(月)~ 6月1日(月)
  • 二次試験:8月31日(月)~ 9月18日(金)
試験日(2009年度)
  • 一次試験:8月8日(土)・9日(日)
  • 二次試験(筆記):10月25日(日)
  • 二次試験(口述):12月20日(日)
合格発表(2009年度)
  • 一次試験:9月8日(火)
  • 二次試験(筆記):12月11日(金)
  • 二次試験(口述):2010年1月6日(水)
試験地・試験会場
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の各会場
試験内容・方式
  • 一次試験
    • ①経済学・経済政策、②財務・会計、③企業経営理論、④運営管理(オペレーション・マネジメント)、⑤経営法務、⑥経営情報システム、⑦中小企業経営・中小企業政策の各科目につき多肢選択式・マークシート方式により行う(科目合格制・有効期間は3年間)
  • 二次試験(筆記)
    • 中小企業の診断および助言に関する実務の事例について
  • 二次試験(口述)
    • 中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などをもとに個人面接
合格基準
  • 一次試験
    • (1) 総点数の 60% 以上であって、かつ 1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率(2) 科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率
  • 二次試験(筆記)
    • 総点数の 60% 以上でかつ 1科目でも 40% 未満のものがないこと
  • 二次試験(口述)
    • 評定が 60% 以上
合格率(2008年度)
一次試験:23.4% 二次試験:19.8%

資格取得・技能をサーチ

高齢化が進み、これからの時代にますます必要とされる「医療系・福祉系」をはじめ、不況の中でも就職・転職に有利で、独立にも強い「法律系・事務系」ほか、仕事にとても役立つ資格や技能を紹介しています。

ページ一覧


カテゴリーからサーチ
更新履歴
はじめてのヨガ&ピラティス
(2010年2月14日)
生活心理学
(2010年2月 2日)
手話入門講座
(2010年1月29日)
点字・点訳入門
(2010年1月28日)
定年予備校
(2010年1月27日)