資格☆教養サーチ > 資格取得・技能 > 危険物取扱者(乙種4類・丙種)

危険物取扱者(乙種4類・丙種)

消防法などに規定された「危険物(例:ガソリン、灯油、火薬など)」を一定数量以上製造したり、取り扱ったり、貯蔵したりする工場や施設などには、危険物を取り扱うために必ず「危険物取扱者」を置くことと決められています。このうち、「危険物取扱者(乙種4類)」は、ガソリンや灯油、軽油などの引火性液体の取扱い及び立会い、「危険物取扱者(丙種)」は、4類に属する危険物のうち、ガソリン、灯油、軽油など指定されたものの取扱いのみができます。

危険物取扱者(乙種4類・丙種)の特徴とメリット
  • ガソリンスタンドの他、化学工場や燃料施設など、必要とされる職場は多岐にわたります。
  • 試験はマークシート方式で、合格率も比較的高い資格です。
  • 身近にある"危険物"の取り扱いについて学ぶことにより、災害予防にも役立ちます。
  • やる気さえあれば、他の類似資格へのステップアップにもなります。
試験実施団体
財団法人消防試験研究センター
受験資格
年齢・性別・学歴・実務経験の有無などの制限なし。誰でも受験できます。
申込み方法・日程
  • 申し込み方法:受験する試験の種類ごとに必要な書類(願書等)を揃えた上、下記へ申し込み
    • 東京都:(財)消防試験研究センター中央試験センター
    • 各道府県:(財)消防試験研究センター各道府県支部
  • 試験日:東京都は毎月、他の道府県は年に数回
合格発表
試験実施後数日(都道府県により違います)
試験地・試験会場
各都道府県の試験会場
試験内容・方式
  • 乙種4類
  • 以下の科目につき、五肢択一のマークシート(試験時間:120分)
    • 危険物に関する法令:15問
    • 基礎的な物理及び基礎的な化学:10問
    • 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
  • 丙種
  • 以下の科目につき、四肢択一のマークシート(試験時間:75分)
    • 危険物に関する法令:10問
    • 燃焼及び消火に関する基礎知識:5問
    • 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
合格基準
試験科目ごとの成績がそれぞれ60%以上
合格率(2009年7月全国平均)
乙種4類:30.8% 丙種:48.2%

資格取得・技能をサーチ

高齢化が進み、これからの時代にますます必要とされる「医療系・福祉系」をはじめ、不況の中でも就職・転職に有利で、独立にも強い「法律系・事務系」ほか、仕事にとても役立つ資格や技能を紹介しています。

ページ一覧


カテゴリーからサーチ
更新履歴
はじめてのヨガ&ピラティス
(2010年2月14日)
生活心理学
(2010年2月 2日)
手話入門講座
(2010年1月29日)
点字・点訳入門
(2010年1月28日)
定年予備校
(2010年1月27日)