資格☆教養サーチ > 資格取得・技能 > 土木施工管理技士(2級・1級)

土木施工管理技士(2級・1級)

河川や道路、橋梁、ダム、トンネル、港湾などで土木工事を行う際、「主任技術者」または「監理技術者」として施工に関する計画を作成し、工事全般の管理を行うのが、国家資格である「土木施工管理技士」です。安全かつ適切な土木工事を行うために、専門的な知識と相応の実務経験を要する資格です。

土木施工管理技士(2級・1級)の特徴とメリット
  • 高度な知識と技能、一定以上の経験を要する専門性の高い資格です。
  • 業界内でも評価が高く、土木工事の現場には欠かせない資格です。
  • 建設関連企業にとっては、「土木施工管理技士」を雇用することにより公共事業の受注機会が増えるというメリットがあります。
  • 建設業の営業所ごとに置かなければならない「専任技術者」などにもなることができます。
試験実施団体
財団法人全国建設研修センター
受験資格
*土木施工管理技士の受験資格要件は複雑であるため、詳細は上記ホームページでご確認ください。
    【2級】〔学歴+実務経験〕
    • 大学の指定学科卒業 ⇒1年以上の実務経験
    • 大学の指定学科以外卒業 ⇒1年6ヶ月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校の指定学科卒業 ⇒2年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校の指定学科以外を卒業 ⇒3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業 ⇒3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業 ⇒4年6ヶ月以上の実務経験
    • 上記以外の者 ⇒8年以上の実務経験
    【1級】〔学歴+実務経験〕
    • 大学の指定学科卒業 ⇒3年以上の実務経験
    • 大学の指定学科以外卒業 ⇒4年6ヶ月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校の指定学科卒業 ⇒5年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校の指定学科以外卒業 ⇒7年6ヶ月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科卒業 ⇒10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外卒業 ⇒11年6ヶ月以上の実務経験
    • 上記以外の者 ⇒15年以上の実務経験
    【1級】〔2級土木施工管理技術検定合格者の場合〕
    • 合格後5年以上の者 ⇒5年以上の実務経験
    • 合格後5年未満の者 ⇒高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
    • 合格後5年未満の者 ⇒高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6ヶ月以上の実務経験
    • 合格後5年未満の者 ⇒その他で14年以上の実務経験
    • 注:以上の「実務経験」年数のうち、「指導監督的実務経験年数」が1年以上必要
申込み方法・日程(2009年度)
    【2級】
  • 4月1日(水)~4月15日(水)
  • 【1級】
  • 4月1日(水)~4月15日(水)
試験日(2009年度)
【2級】
  • 10月25日(日) *学科・実地とも
【1級】
  • 学科:7月5日(日)
  • 実地:10月4日(日)
合格発表
【2級】
  • 2010年2月16日(火) *学科・実地とも
【1級】
  • 学科:8月19日(水)
  • 実地:2010年1月19日(火)
試験地・試験会場
【2級】
    札幌、釧路、青森、仙台、秋田、東京、新潟、富山、静岡、名古屋、大阪、松江、岡山、広島、高松、高知、福岡、鹿児島、沖縄の19地区
【1級】
    札幌、釧路、青森、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、沖縄の13地区
試験内容・方式
【2級】【1級】とも
  • 学科試験:①土木工学等、②施工管理法、③法規の3科目につきマークシート方式
  • 実地試験:①施工管理法の1科目につき記述式による筆記試験
合格基準
学科試験は、おおむね6割以上。実地試験は未公表。
合格率(2008年度)
  • 2級:学科39.7% 実地26.6%
  • 1級:学科70.5% 実地25.9 %

資格取得・技能をサーチ

高齢化が進み、これからの時代にますます必要とされる「医療系・福祉系」をはじめ、不況の中でも就職・転職に有利で、独立にも強い「法律系・事務系」ほか、仕事にとても役立つ資格や技能を紹介しています。

ページ一覧


カテゴリーからサーチ
更新履歴
はじめてのヨガ&ピラティス
(2010年2月14日)
生活心理学
(2010年2月 2日)
手話入門講座
(2010年1月29日)
点字・点訳入門
(2010年1月28日)
定年予備校
(2010年1月27日)